本場でも通じるネット回線テクニック

人気記事ランキング

ホーム > 美容 > 頭皮ケアで低刺激に変えたのはアトピーが主因

頭皮ケアで低刺激に変えたのはアトピーが主因

頭皮ケアを低刺激に変えたのはアトピーが主因でした、小学生で抜け毛で悩む息子の話しです。もし、あなたの家族がアトピーになっていて、しかも髪の毛がハゲてきたのなら、頭皮ケアでのシャンプーを見直してみませんか。

うちの息子は、小学5年生の時から抜け毛に悩んでいます。
今は小学6年生です。
もともとアトピーを持つ息子。
最初は、頭のてっぺんに円形上のハゲができ、そこから抜け毛は増え続けて息子の机の周りは抜け毛だらけです。

毎日毎日掃除機をかけないとすごいことになります。

息子が入ったお風呂の後も抜け毛だらけ。
てっぺんから後頭部、今では両側の耳上一体にまで広がりもう帽子なしでは学校生活もできません。
今から、厚くなって蒸れがひどくなる季節なので、余計に心配です。
かかりつけの皮膚科の先生を受診したところ、抜け毛も激しいけど、生えてもきているとのことで、今の状況では育毛剤も使用できないとのことで、とりあえず、頭に出来た湿疹を治す薬だけ頂きました。
毎日毎日薬を塗ってあげるのも大変です。

始めは、「ただの湿疹により抜けてるだけ」と言ってましたが、半年目にして「脱毛症」と診断されました。
小学生で「脱毛症」の診断はかわいそうです。
しかも思春期です。
脱毛症の人の中にはかなり多くのアトピー患者がいるそうです。
原因は、アトピーということです。
そんな息子のためにいろいろ調べて、なるべく頭にやさしいシャンプーをと思って、低刺激のシャンプーに替えました。

6年生ですが、すこしでも丁寧に頭を洗うためシャンプーもなるべく私が洗います。
うちの両親は、「柿の葉茶が良い」と言って、麦茶ではなく息子の水筒には柿の茶葉が入っています。
そのティーパックをお風呂に入れたり、頭に塗ってみたりとしているみたいです。
効果はいまのところ良くわかりませんが。

ハゲに効くシャンプー